• フィンセント・ヴァン・ゴッホ ひまわり 1888 キャンバスに油彩 92.1x73cm ©The National Gallery, London. Bought, 1924

  • ヨハネス・フェルメール ヴァージナルの前に座る若い女性 1670-72頃 キャンバスに油彩 51.5×45.5cm ©The National Gallery, London. Salting Bequest, 1910

  • レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 34歳の自画像 1640 キャンバスに油彩 91×75cm ©The National Gallery, London. Bought, 1861

  • クロード・モネ 睡蓮の池 1899 キャンバスに油彩 88.3×93.1cm ©The National Gallery, London. Bought, 1927

  • ロンドン・ナショナル・ギャラリー photo: Phil Sayer, ©The National Gallery, London

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

国立西洋美術館

2020年3月3日 〜6月14日

https://artexhibition.jp/london2020

MORE

 英国が誇る世界屈指の美の殿堂、ロンドン・ナショナル・ギャラリーの世界初となる大規模所蔵品展が開催。ルネサンスから19世紀末までの名画61点が一堂に会する。

 

 ロンドン・ナショナル・ギャラリーは1824年に設立。名品約2300点を収めるコレクションは、王室コレクションを母体とした他のヨーロッパの大型美術館は異なり、市民が市民のためにコレクションを持ち寄って形成されたことに特徴のひとつがある。

 

 13世紀後半から20世紀初頭まで、絵画に特化してヨーロッパの幅広い時代と地域の美術を網羅した「西洋絵画史の教科書」とも言われるコレクションは、その後につくられた北米などの美術館の手本ともなってきた。

 

 同館の作品の多くは常設展示されているため、国外での大規模所蔵品展は開館以来200年に近い歴史で本展が初めての開催。フェルメールの《ヴァージナルの前に座る若い女性》や、レンブラントの《34歳の自画像》などを含む、傑作揃いの出品作すべてが日本初来日となる。

 

 なかでも見どころとなるのは、ゴッホが1888年に制作した《ひまわり》。ゴッホによっての幸福の色である黄色を背景とした同作品は、南仏アルルで描かれたひまわりの絵のうちの1点で、ポール・ゴーガンの寝室を飾るために描かれ、共同生活への忠誠を象徴していたとも考えられている。

 

 会場は、イギリスで設立された西洋美術の美術館というロンドン・ナショナル・ギャラリー最大の特色を念頭に、「イタリア・ルネサンス絵画の収集」「オランダ絵画の黄金時代」「ヴァン・ダイクとイギリス肖像画」「グランド・ツアー」「スペイン絵画の発見」「風景画とピクチャレスク」「イギリスにおける フランス近代美術受容」のテーマで構成。

 

 7つのテーマを通じて、イギリスにおけるヨーロッパ美術の受容、そしてイギリスとヨーロッパ大陸の美術交流の歴史をひも解きながら、西洋絵画史を俯瞰する。なお本展は東京での開催後、大阪の国立国際美術館へ巡回予定。

 

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため開幕を延期。最新情報は展覧会ウェブサイトにて案内。

CATALOGUE & GOODS

図録・グッズ販売中の展覧会

トップに戻る