性差(ジェンダー)の日本史

国立歴史民俗博物館

2020年10月6日~12月6日

https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/old/201006/index.html

MORE

 時の流れに浮かんでは消える無数の事実を指す「歴」と、それを文字で記した「史」。日本列島社会の長い歴史のなかで、「歴」として存在しながら「史」に記録されることの少なかった女性たちの姿を掘り起こす女性史研究を経て、新たに生まれてきたのが、「なぜ、男女で区分するようになったのか?」「男女の区分のなかで人びとはどう生きてきたのか?」というジェンダーへの問いでした。本展は、高橋由一画「花魁」やユネスコ「世界の記憶」の山本作兵衛画文など、280点以上の資料を通して、ジェンダーが日本社会の歴史のなかでどんな意味をもち、どう変化してきたのかを問う、歴史展示です。

 無意識のうちに私たちを強くとらえているジェンダー。 その歴史は、驚きと発見に満ちています。企画展示「性差(ジェンダー)の日本史」では、歴史の面白さを満喫しながら、ジェンダーにとらわれず、誰もが自分らしく生きられる社会を築く手がかりを見つけていただけるのではないでしょうか。

CATALOGUE & GOODS

図録・グッズ販売中の展覧会

トップに戻る