• 勝川春潮「橋上の行会」

  • 鈴木春信「つれびき」

  • 月岡芳年「月百姿 名月や来て見よがしのひたい際 深見自休」

  • 月岡芳年「月百姿 烟中月」

  • 歌川国芳「小紫 白柄十右エ門」

  • 豊原国周「三十六花艸の内 風車草 御所の五郎蔵 市川小団治」

和装男子 ―江戸の粋と色気

太田記念美術館

2021年1月6日(水)~1月28日(木) 

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

MORE

 贅沢な身なりを禁じる法令が度々出された江戸時代。人々は黒や茶、縞や小紋など地味な色や模様、そして小物を組み合わせてファッションを楽しみました。吉原遊廓で遊ぶ「通人」と称された男性たちは渋い色味を好む知的なスタイルで注目を集めます。一方、職人や火消しなど威勢が良く男気にあふれた男性たちは、手ぬぐいや半纏に趣向を凝らした男らしい装いで人気を呼びました。歌舞伎役者は江戸随一のファッションリーダーでしたし、日々の生活でも男性たちは着物だけでなく頭巾や煙草入れなどの小物、髪型にもこだわりを発揮していました。そしてその洗練された和装姿には独特の色気が漂い、江戸の男性像の大きな魅力となっています。


 本展では男性の和装に焦点をあて、和装男子の魅力と江戸の豊かな服飾文化を、浮世絵を通してご紹介します。

CATALOGUE & GOODS

図録・グッズ販売中の展覧会

トップに戻る